読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり人間の遊びかた

ひとりで動くよ

12/18 TSミュージック

二回目のスト遠征はTSミュージックさん!辿り着くまでに不発弾の輸送で新幹線が遅れたり友達が寝坊したりでてんやわんやだったけど念願の踊り子合同誌も買えたしステージは1回目京はるなさんの演目から見ることができたよやったね!踊り子ちゃんの合同誌が買えるのはとらでもメロブでもコミケでもなく劇場だけ。

ビルの中にある劇場ってどんなんやろって扉開けたら楽しさがぎゅうぎゅうに詰まってた!広くはない客席にお客さんがぎゅうのぎゅう、笑顔もぎゅうのぎゅう。カラフルなステージ照明がマーブルチョコみたいで可愛い。あと初めてポールがある劇場に行ったんだけど踊り子さんがポールですぃーってまわるのなんであんなに可愛いかな。

 

京はるなさん:私も毎年クリスマスは「なーにがクリスマスじゃ」の気持ちで過ごしてるけどあんな可愛い天使をプレゼントにもらったことはない。どっちも京さんなのにイケメンの方の京さんが羨ましくなる。だってあんなに自分のネクタイ愛おしそうに使われたらさぁ…。京さんの舌めちゃにシコだし喘ぎめちゃ可愛いんだよな。

栗浜コウジさん&速渚ヒロ様:初めてのチームショー観劇!ツイッターで「ないはずのものが見えた」っていう感想をたくさん見かけたけど「でもワイ百合豚おじさんやし女の子同士ならBLショーって言っても実質百合えっちとしてめんたまに美味しくいただけそうやなガハハ!」ってよくわからん自信があったけどBLショーはBLショーだしないはずのものは生えてたし百合豚おじさんは腐ったおじさんになった。ヒロ様のイケメンが過ぎるでしょ…って雌になってたらアマゾンからのお届け物で腹筋がブルブルブルブルアイッアイッブルベリアイッ。お届け物のお届け物でしかないよと言い張らんばかりの表情ほんとにもう…なんでヒロ様吹き出さずにいられるん…スタァだからや…。聖夜の奇跡が起こったときはもうほんとよかったねぇ!って拍手したくなった。ちゅっちゅちゅっちゅスペシャルいいもの。

新條希さん:ラ!だ!ラ!だ!お衣装もそれっぽい!そんでもって腰がめっちゃ細い。溜息が出るほどのくびれだよ。スクールアイドルに負けない可愛さのストリップアイドルちゃんでした。

RUIさん:和装!ストでの和装演目大好きだからめっちゃ嬉しかった。さんねんめに浮気する曲での表情の見せ方が最高に可愛くて嫁に来てくれ私なら三年たとうが十年たとうが浮気しませんからお願いしますの気持ちになった。

春野いちじくさん:儚げな美少女の見た目で力強い舞。ぐわって来るところがかっこよかったし脱いでからは綺麗な体と纏ってる不思議な空気感で目が離せないし何も考えられなくなっちゃった。オープンのとき視線合わせてくれてすごくどきどきした…。

川越ゆいさん:ンガワイイッ!!もうもろにタイプのお顔のでな…演目も可愛くてな…。ちょいちょいいい感じの歌詞の時に女性のお客さんを指さししてて私の中の百合豚おじさん元気に帰ってきたよありがとう川越ゆいちゃん。ポラ中に花道が片側全員女性になってたんだけどオープンで出てきてそれに気付いた瞬間めっちゃ恥ずかしがってた姿は天にも昇る可愛さでした!

渚あおいさん:ヒンッギャワイイッ!!金髪ふわふわツインテサンタさん…無理…かわいい…無理…こんな可愛いサンタさんがいるなら煙突にジョブチェンジしたい。ちょっとおてんばな感じでプレゼント広げていくのが可愛かったしお客さんに色々かぶりものかぶせていってるのを見て「こんなんもし自分がされたら恋に落ちる危なかった」と思うた。

栗浜コウジさん&京条シンちゅわん:アブトロニック演目。めちゃに腹筋が震えます。毎日見たらアレクボディになれるってキャッチフレーズ付けてもいいと思う。シンちゅわんと目が合って恋に落ちてたら栗浜氏がいい顔でこれから起きることを客席に伝え始めて恋に落ちてる場合じゃないことを悟った。赤い糸(太)を巻かれるシンちゅわんに叩きつけられる「ちがうよ♡」、プリズムショーを見に来ていた筈のお客さん達が一瞬にしてモブおじさんズと化す…向けられるカメラのレンズと栗浜さんちのコウジくん…逃げ場なし。ドラマチックホモビ撮影会。

 

合同ポラでおそろのTシャツで出てきた鳥さん京さんに心の中で感謝する百合豚おじさん。合同ポラって修学旅行みたいで楽しそうやなと思いました。抽選会もお客さん全員で一喜一憂できて楽しい。

客席いっぱいでしばらく立って見てたんだけど途中で「ここどうぞ」って席譲って下さってすごくありがたかったし、キンプリ詳しくない自分にキンブレの色を教えてくれたお姉さんにも感謝だし、チームショーのときに良い位置で見られるようにって花道勧めて下さった方にも感謝しかない。初めて行ったTSでたくさん親切にしてもらっちゃったよー。1月で閉館してしまうのが寂しいです。